大口融資・大口ローン比較ナビ | 借金も一本化できる

人気の大口ローン会社 TOP3

大口ローンを検討するにあたり、融資額が高く、口コミ評価の良い会社を厳選してランキング比較しました。

順位 サービス名 簡単な説明 実質年率 限度額 審査時間 要チェック情報
1位 三菱東京UFJ銀行 低金利で高額融資 1.8%~14.6% 500万円 最短30分 詳細と口コミ
2位 プロミス 30日間無利息が魅力 4.5%~17.8% 500万円 最短30分 詳細と口コミ
3位 モビット 安心・信頼の最大手 3.0%~18.0% 800万円 最短10秒 詳細と口コミ

※プロミスの無利息サービスはプロミスポイントサービスにお申込された方が対象です。

※モビットは14:50までの振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有。
10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。

小口融資に比べて金利が低い

大口融資は、小口融資に比べると金利が低いです。

現在の大口融資の平均金利は、年率12%ほどになります。

ただ、大口融資を取り扱っている消費者金融系や信販会社系の多くは、
融資額100万円以上の場合には15%の金利で営業しています。

ちなみに、この15%というのは利息制限法に定められた上限金利になります。

金利の低いところでは10%を切るようなところもありますし、
担保や保証人をつけることで、さらに金利を引き下げることも可能です。

どの金融機関も実質年率〇~〇%というような提示をしていますが、これは主に融資額による幅になります。

例えば、15~18%という金融機関では100万円以上が年率15%、100万円未満が18%になります。

一般的に融資額が大きくなればなるほど、金利が低くなりますが、
審査がそれほど厳しくない金融機関では、100万円でも300万円でも金利は同じ場合があります。

大口融資の場合には、できるだけ最低金利が低い金融機関を選んだほうが良いでしょう。

返済実績を最も重視する

金融機関が審査において最も重要視するのは、返済実績です。

しかし、分かるのは現在延滞しているかどうかだけで過去の他社返済情報が分かるわけではありません。

そのため、返済実績は自社のものだけに頼るしかありません

多くの金融機関では新規は少額融資でその後、収入と借入れ情報、自社の返済実績を見て枠を大きくしていきます。

収入は限度額を決定する要因になり、借入れ情報は融資の可否を決定します。

そして、返済実績は融資のタイミングを決定します。

金融機関によってその期間は違いますが、返済期間が半年毎や1年毎というように
融資の限度額を増やすかどうかを検討するタイミングがあります。

つまり、返済期間が長いと、融資限度額額が増える機会が多くなるということなのです。

色々な体験談

大口融資を受けられるカードローン

まとまったお金が必要な状況になりまして、いろいろな金融機関をあたりました。

学生の頃に一度だけ返済期限をかなり伸ばしてしまったことがありまして、
そのデータが残っているのか、何件かの消費者金融では審査に落ちたこともあります。

大口融資を諦めかけていた私ですが、意外にも銀行系のカードローンで500万円のカードを手にすることができました。

金融業界は規制が年々厳しくなって、そこに目をつけた弁護士こと務所が、違法な金利にメスを入れる商売をしているようです。そのため貸金の専門業者は現状かなり苦しい状態にあるようで、審査も厳しくなっているということでした。

一方、銀行のカードローンは利用する人からしても安心感があり、その需要が増えているようです。今の自分の身にやましいことがなく、きちんと返済の算段がついているのであれば消費者金融ではなく、銀行への相談をおすすめします。

金利も比較的低く、安定した会社に勤めていれば大口融資が得られます。ただ、突然は無理です。少額からはじめて、きちんと期日までに返済を行うということを続けていれば、信用が得られて大口融資を許可してくれます。

ただ、お金を借りるというのはやはり最後の手段ですので、
やはり計画的な利用が必要であることは言うまでもありません。

大口融資ローンを利用した流れ

昔からいろんなところからお金を借りていて、どこか一つにまとめた方が良いのではないかと
思ったのが大口融資ローンにしようと思ったきっかけでした。

大口融資なら低金利という魅力が何よりも大きく惹かれたところでしたが、
普通のローンよりも審査が厳しいということは知っていたので、少し不安もありました。

数多くある中から、どれを選べば良いのか悩みましたがやっぱり金利を基準に考えました。

最も良いと感じたところは、審査も厳しく最高融資額を最初に借りることができないと言われたので、断念しました。

次に良いと感じたところでは、審査は少し時間がかかりましたが無ことに借り入れることができたので良かったです。

大きな金額なので、長い期間返済に必要になるかなとは思いますが、
返済の方法も多くあったので返したいタイミングで返していけるのも良いところだなと思っています。

一つにまとめることができたので、次から複数に返済に行くという手間もかからないのでありがたいです。

今まではそれぞれに手数料もかかっていましたが、まとめた先では返済時の手数料が不要なので、
塵も積もれば山となる無駄な出費が減ったのも嬉しいです。今後頑張って返済していこうと思いました。

「おまとめローン」なら大口融資の可能性が高い

私はカードローン(消費者金融系)を利用して、計3社・150万円の借金をしていました。

人によっては大したことが無い額だと感じることもあるでしょうが、私にとっては非常に大きな負担になる金額でした。

と言っても、自分の意思で借りた借金ですから何を言っても仕方がないのですが、
問題は「返済ができなくなりそうな状況になってしまった」ということです。

借入れをした時にはある程度収入があったのですが、事情があって収入が大きく減ってしまい
返済の負担が非常に大きく感じられる状態になってしまいました。

それでも何とか生活を切り詰めて返済をしてはいたのですが、
「何とか負担を減らす方法はないのか」と調べたところ「おまとめローン」という選択肢があることを知りました。

尤も、そういった情報・知識はこと前に把握したうえでカードローンを利用すべきだという意見はあるでしょうが、
その時の私にとってはまさに「渡りに舟」と言えるものでした。

とは言え、自分の信用でそれだけの大口融資を受けられるのかどうかという不安はあったものの、
とにかく申し込んでみようと思い金利の低い銀行系に申し込みをしました。

正直、審査は楽なものではなかったのですが、幸いにも借り換えをすることに成功し負担が大きく減りました。

稀なパターンだったかもしれませんが、私と同じような状況にある人には
わずかな可能性でも諦めずに行動してほしいと思います。

関連サイト